一般記事

能「名取ノ老女」 名取市で上演

昨年3月に国立能楽堂が復曲した能「名取ノ老女」が、今秋、物語ゆかりの宮城県名取市で初上演される。この曲は、熊野信仰を背景に名取の地でひたすら祈りを捧げる老女の姿を描く。今復曲では、小田幸子、小林健二の両氏が監修・台本作成 […]

能楽協会が英作文コンクールを実施

能楽協会では、2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据えて行われている『能楽フェスティバル2017─2020』の第三回シンポジウム特別企画として、「能楽の国際化」をテーマに能楽英作文コンクールを実施する。審査員は […]

能楽学会 9月例会

能楽学会9月例会が下記の通り行われる。 9月29日(金)17時半〜19時半/法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー25階・研究所会議室5。題目は、〈中世「能の語り」の汎用性とキリシタン版『太平記抜書』語り復元―『太 […]

日本能楽会主催 特別鑑賞会 9月19日観世能楽堂で

9月19日(火)14時から、観世能楽堂で(一社)日本能楽会主催『国家指定芸能「能楽」特別鑑賞会・日本能楽会 東京公演』が行われる。東京二〇二〇文化オリンピアード応援プログラムにも認証される同公演では、五流合同能を上演する […]

国立能楽堂で 能楽養成会『東西合同研究発表会』

8月29日(火)11時から、国立能楽堂で能楽養成会『東西合同研究発表会』が行われる。東西の若手能楽師が一同に介し、日頃の錬磨の成果を発表する。 能「半蔀」シテ樹下千慧、ワキ野口琢弘、囃子・貞光智宣、岡本はる奈、山本寿弥、 […]

能楽協会主催の『ユネスコ記念能』

 能楽協会主催の『ユネスコ記念能』が10月6日(金)18時45分から国立能楽堂で行われる。第14回目となる今回は、シテ方五流の女性能楽師による立合公演。  番組は、解説・観世喜正、仕舞(金春流)「枕ノ段」柏崎真由子、(金 […]

【訃報】シテ方観世流 林喜右衛門氏

 シテ方観世流で重要無形文化財保持者(総合認定)の林喜右衛門(本名・喜一郎)氏が8月15日、胆管がんのため逝去された。享年76歳。通夜は8月18日、葬儀は19日、京都市南区の公益社・南ブライトホールにてしめやかに行われた […]

人間国宝に大倉源次郎氏 総合認定も新たに45名

 文化審議会は7月21日、小鼓方大倉流の大倉源次郎氏ほか3名を重要無形文化財保持者(各個認定=人間国宝)に認定するよう文部科学大臣へ答申した。  能界での人間国宝は、川崎九淵、喜多六平太(十四世)、幸祥光、善竹弥五郎、松 […]

【訃報】大鼓方高安流 安福建雄氏

 重要無形文化財保持者(各個認定/人間国宝)で、大鼓方高安流宗家預りの安福建雄氏が7月17日、肺がんのため逝去された。享年78歳。通夜は7月25日、葬儀告別式は26日、東京都品川区の桐ヶ谷斎場にてしめやかに執り行われた。 […]