一般記事

第3回 紀彰の会 〜 花の響宴 〜

10月12日(水)18時15分から、梅若能楽学院会館で第三回『紀彰の会~花の響宴』が行われる。 内容は、仕舞「小袖曽我」松山隆之、梅若紀彰、「舎利」梅若紀彰、山中が晶、連吟「安宅」角当行雄、松山隆雄、鷹尾維教、鷹尾章弘、 […]

能×テクノロジー 電通「テク能」プロジェクト始動

株式会社電通は8月25日、「能」の可能性をテクノロジーで拡張させることをテーマにした、《テク能プロジェクト》を始動させることを発表した。 このプロジェクトは、能を多様な先端テクノロジーと組み合わせることで、伝統芸能として […]

能楽堂をつなぐリレー公演 9月に矢来、宝生で

全国にある能楽堂の有効利用と、能の普及発展を考える能楽師らが自ら《能楽堂ネットワーク協議会》という組織を立ち上げた。その旗揚げ公演となる『能楽堂リレー公演』が、9月8日(木)、9日(金)、15日(木)、16日(金)、矢来 […]

能楽堂奉納から80年 野田神社で『山口薪能』

  7月31日(日)6時半から、山口県の野田神社能楽堂(山口市天花1丁目1─2)にて『山口薪能』が行われる。野田神社能楽堂は、昭和11年に旧長州藩主の毛利家が、明治維新70周年を記念して建築、奉納したもので、今 […]

熊本地震義援能 若手能楽師中心に企画

6月17日(金)3時半より、阿佐谷神明宮能楽殿(杉並区阿佐谷北1─25─5)にて『熊本地震義援能』が行われる。この催しは、今年4月に熊本地方で発生した熊本地震の復興支援のために若手能楽師が中心となって企画したもので、演者 […]

横浜能楽堂『バリアフリー能』

 障がいのある方もない方も、一緒に能・狂言を楽しんでもらおうと、横浜能楽堂が毎年行っている『バリアフリー能』が今年で15回目を迎える。介助者一名無料、解説時手話通訳、副音声、点字パンフレット、事前の施設見学会など様々なサ […]

国立能楽堂で復曲能『名取ノ老女』上演

 3月25日(金)、26日(土)、国立能楽堂で『特別企画公演〈復興と文化〉特別編〜老女の祈り〜』が行われる。国立能楽堂では、東日本大震災以来3月に〈復興と文化〉という企画公演を行っており、震災から5年目を迎える今年は東北 […]